サポクンとサポートステーション動画制作秘話
キャリアコーチ
10月某日
において「サポくんとサポートステーション」の撮影が行われました。日頃から熱心に、若者就労支援の活動をしている、監督、KONDOさんを迎え、作品に対する熱い思いを語って頂きました。
監督1
監督2 何故ニートを題材にしたんですか?

監督
若者就労支援においてニートは、切っても切り離せない存在だよね、皆それぞれ事情や理由があってニートになったわけだから、その辺を具体的に伝えたかったんだよね。

テロップ1

どんな意図があったのでしょうか? 監督
世間一般にニートと言われても、ただ働いてないだけ、っていうか、サボってるっていうか、悪いイメージばかりだよね、 確かに良くない事だけど、中には何とか現状を変えたくて、サポートステーションに通ってる人たちもいるんだよね、 その辺の葛藤をみんなで考えてみたいっていうのが意図なのかなーって思うよね。

ムービー1
出来あがっていく感覚はありましたか?

監督
そうだね、最初はどうなるか分からなかったんだけど、イラストレーターと何度も打ち合わせをしてさ、最終的に出来たイラストが今回のなんだけど、確かな手ごたえを感じたよね。 ハートフルというか、就労支援を始めた時の情熱を再確認出来たね。

監督3監督4
監督5
今回のお仕事をされていかがでしたか?

監督
就労支援の一つの方向性として表現したいことがあって、なかなか上手く表現出来なかったんだよね、そこに確かなビジョンが出来たかというか、僕自身かなり成長出来たと思います。

テロップ2 ムービー3
この動画を見た方へのメッセージ

最後にこの動画を見た方へのメッセージをお願いします。

監督
動画を見てくれてありがとうございます、就労支援の活動をとおして、気持ちが豊かになれるのって素敵な仕事だと思ってます、これからも若者就労支援を通して、もっともっと皆さんの力になれるよう精進したい心持でございます、皆さん本当にありがとうございました。

就職イラスト

おしまいイラスト

ムービー2