皆さんこんにちは。

だんだん夏が近づいてきて暑くなってきましたね。

暑くなったら少しは痩せるかな?と夏に大いに期待しているぼっちゃりサポステスタッフCです。

 

さて、夏になり、サポステでも職業体験等が充実してるシーズンがやってまいりました。

夏場には企業さんも人手が必要という事で、サポステから仕事の現場に体験活動として仕事のお手伝いに行っています。

令和4年度の1つ目の体験活動として、県北サポステ近隣の古谷農産さんにスタッフCとサポステに相談に来た若者と2名で3日間お邪魔してきました。

古谷農産さんではウドの栽培や、お米の栽培など色々な種類の農作物を作っていて、今回の体験活動では稲の種まきとウドの株上げ、草刈りなどを行ってきました。

古谷農産の皆さんは優しく丁寧に作業についてレクチャーしてくれたので、戸惑うことなく作業に取り掛かることができ、大変でしたが非常に楽しい3日間となりました。

農業というと体力が必要で、大変というイメージが強く、実際に体力が必要ではありましたが、いじった土の分だけ達成感もあり、とてもすがすがしい気持ちで体験を終えることができました。

さらにこれから収穫して食べるという事も考えると農業にはまってしまう人の気持ちが少し理解できた気がします。

 

受け入れてくれた農家さん、参加してくれた若者どちらもありがとうございました。